トップ

歯科の病気にうがい薬

歯科医院で処方されるうがい薬

歯科のうがい薬で歯周病予防を

歯科トラブルの一つである歯周病予防に、うがい薬を使っている人が多いです。歯周病の原因となる細菌を除去する作用がありますが、手軽に手に入る市販の商品は、その殺菌力が弱いので歯周ポケットの中に潜んでいる細菌までは殺すことができません。歯科で診断してもらって処方してもらえるうがい薬には、強い殺菌力があるので、歯と歯茎の隅々まで浸透して細菌を殺すことができます。歯周病が気になるのなら、クリニックで相談して、治療や予防に関してのアドバイスを受けることが大切です。そして、普段から生活習慣を正して、健康な歯と歯茎を維持できるように心がけることも重要です。

うがい薬で口の中を清潔に保つ

歯科治療で抜歯などをしたあとに、医師からうがい薬を処方されることが多いです。口の中は、食事をした後はばい菌が繁殖しやすいので、抜歯をした場合などは穴が開いていて、ばい菌が入りやすくなっている状態になっているわけですから、とくに清潔にしておく必要があります。ばい菌を放置すると新しい病気を発症する危険があります。うがい薬は水かぬるま湯に薄めてうがいをしますが、歯科医院から処方されるものは少々特有の味がするので苦手という人もいるかもしれません。しかし慣れてくれば平気になってくるというのがほとんどなので、決められた量をだされたらしっかりうがいをしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院で処方されるうがい薬. All rights reserved.